831




775
970
985
107

736
541
091
024

092
768
325
609
526
761



820 :風の谷の名無しさん

話がシンプルで分かりやすかった
テオの故郷思ってた以上にひでー場所だったんだね

821 :風の谷の名無しさん

なんか戦略があるのかと思ったら
ノープランの力押しで吹いた

815 :風の谷の名無しさん

無双できる連中が先頭にいるとはいえまともな装備ない村人をいきなり兵装整った兵士たちにぶつけるのひどくないか

 819 :風の谷の名無しさん

 >>815
 パトリオットのフラッグで強化するからへーきへーき!

828 :風の谷の名無しさん

フラッグで強化してるからって結局詰め甘くて幼馴染の女犠牲にしてるし
ちょっとゴリ押ししすぎだろ

946 :風の谷の名無しさん

システィナの話はキューバ革命を参考にして書かれたのかな

現実にあったキューバ革命だと最初は医師として活動して農民の信頼を築き
その後領主が独占する農地を小作人に分け与える改革思想を広めることで民衆を味方につけていった
アニメじゃ尺もないしそんな地味なことやってられんというのも仕方ない

 962 :風の谷の名無しさん

 >>946
 テオのやろうとしてることは単なる王権の交代だから
 キューバ革命とは違うで

822 :風の谷の名無しさん

村人の蜂起頼みってさすがにちょっと無策すぎないかいシルーカちゃん
こういう場合最初に自分たちだけで一戦して勝利してみせないと
いきなり蜂起してくださいとか言ったってするわけないでしょ
勝てるかもしれないと思わせないと無理よ

 829 :風の谷の名無しさん

 >>822
 ラクシアの町に入った直後にロッシーニに会っちゃったってのがあるから
 それがなければさすがにもう一工夫していたと思う

849 :風の谷の名無しさん

不満MAXの領民なら蜂起させるに楽かと思ったら想像以上に飼い慣らされてちょろくなかった訳ですね

 852 :風の谷の名無しさん

 >>849
 とはいえ、島中で密告制度があるのに、
 略奪制度のせいか故郷の村では密告したら逆にさらなる圧政が起きたとなっているから、
 ロッシーニ家も末端の配下の手綱はちゃんと握れてないという隙がある状態みたいだね

 850 :風の谷の名無しさん

 >>849
 次々と読みを誤るシルーカが無能にしか見えん
 テオはテオで綺麗事ばかりで、あれじゃさすがに脅されてなくてもついていけんし

  857:風の谷の名無しさん

  >>850
  テオが正論ばかりなのは、ロッシーニを意識しすぎているからってのがあるんじゃないかな?
  さすがのテオも少々感情的になっているんだろうし

 853 :風の谷の名無しさん

 シルーカちゃんの策が上手くいったことの方が少ない
 魔法師としてはともかく軍師としてはほぼ役立たず

893 :風の谷の名無しさん

テオ様の現地妻抹殺までがシルーカちゃんの策略

851 :風の谷の名無しさん

システィナのテオ様は、ふっと今までと違った憂い顔見せたり、回想シーンの「さよならレベッカ」のセリフが結構冷たい感じだったりしてまた萌えるわ

 855 :風の谷の名無しさん

 >>851
 実況では「回復魔法かけないの?」って言われてたら
 ほんとに見殺しにしててわらた

  857 :風の谷の名無しさん

  >>855
  プリシラやシルーカを呼ぶ間もなくなくなっていたと思うけど?

 862 :風の谷の名無しさん

 まぁ重傷であれば重傷であるほど癒すのにMP多く消費して助けられる人数にも影響出てくるし
 トリアージしないとね

874 :風の谷の名無しさん

ただの村人に戦わせる君主は正しいのか?
職業軍人じゃないからちゃんとした武器も防具もないというのに。
騎士道精神の欠片もないわ。

 876 :風の谷の名無しさん

 とは言っても元々テオは一代の成り上がりで騎士道なんてものは学んだわけでもないからな。
 本質的には革命家というのが正しい評価だぞ

 880 :風の谷の名無しさん

 >>874
 そもそも騎士道精神自体、貴族騎士階級にしか発揮されないからな

 911 :風の谷の名無しさん

 >>874
 あの世界は普通に徴兵がある世界なのだから、
 ただの村人に戦わせるのは君主道に反しないだろう

 903 :風の谷の名無しさん

 >>874
 ミルザー乙!
 自分たちのことは自分たちで決めるのが大事

919 :風の谷の名無しさん

簒奪じゃ意味が無い
あくまで蜂起じゃないとあの民は変わらない

901 :風の谷の名無しさん

ロッシーニの打倒は民衆によってなされるべき
というテオの思想はまあ表現が難しいかもね

943 :風の谷の名無しさん

ロッシーニがあえて混沌を放置して統治に利用してるなら
まずはそこから崩した方が解り易くてスッキリした話になりそうなんだが

 944 :風の谷の名無しさん

 通商路や港湾や別の資源の輸出で稼いでいて
 年貢の穀類が減ったら買えばいい、くらいの意識なのかも。

945 :風の谷の名無しさん

まぁ原作では「通商路である海路は長い混沌災害から死滅状態で逃げることも助けを求めることもできないためにロッシーニの意のままになっていた」という都合もあったからな。
テオに関しては通商路とは違うルートだったのか運よく海を渡れたという幸運があったが

908 :風の谷の名無しさん

話は面白いんだけど、やけに淡々と進むな