617




717808
692
843

369
546
220
632

232
032
409
159

731
958
792
575

555
187



814 :風の谷の名無しさん

今週も良かった。倉田さんは噂話のみの出演だなw
しかし横浜は雨降りすぎやー

832 :風の谷の名無しさん

店長と九条仲良いね。

827 :風の谷の名無しさん

バイトに押しかけてまで説得する親友、いい友達を持ったな

819 :風の谷の名無しさん

このアニメホントうまく天気を作品に落とし込んでるな
喜屋武が去ったあと雨降ってくるのとかすげえうまい
最後光を見つめるアキラとか雨に打たれるのとかすげえ叙情的にやってる

824 :風の谷の名無しさん

アキラ「ほいじゃあ何かいその女が普通でわしゃあ水準以下のメンタルだから復帰できない言うんか?」
喜屋武「……」

844 :風の谷の名無しさん

友人を訪ねると言う同じ事でもこうも違うとは

815 :風の谷の名無しさん

あと一話でどうやって終わらすんだ
やっぱ売り上げによっては2期もあるのかな?
しかし原作があれじゃあな

 820 :風の谷の名無しさん

 >>815
 11話見たけど、12話までじゃ原作10巻までは無理そうだよねぇ
 12話で終わらせるなら相当詰め込まないと駄目だろうし、
 2期やって原作補完いれて貰って最後までみたいけど、一連の騒動でどうなることやら

830 :風の谷の名無しさん

12話あらすじ公開されてたわ

>第12話 つゆのあとさき
>放課後の学校に響く学生達の声。冬へと加速する季節とは正反対に、青春は温度を上げ、17歳の心をかき乱す。全てが少しずつ変わっていく中、自分だけが取り残されたように感じるあきら。
>一方、近藤は本社とガーデンを忙しく行き来し、家では夜通し原稿用紙に向かっていた。
>あきらは近藤を想い、近藤はあきらを思う。 二人の視線が交わった時、17歳と45歳がたどり着いた明日にあるものは・・・

つゆのあとさきってことは2期はないな・・・

831 :風の谷の名無しさん

年のせいにして逃げていた店長がやっと小説を書いたか。

833 :風の谷の名無しさん

書いてる理由は書くことであきらの気持ちを動かしたいってのもありそう
あんな突っぱね方するのが迷ってるって分かるもんな

842 :風の谷の名無しさん

前、中盤の恋愛要素ありから後半はそれぞれが抱えている心情の不安定さを描いているね。
あきらは陸上部復帰となると思いきややりたい事なんてないと突っぱねたし
あと一話でどう決着させるんだろ。