156






875
088
411
986
451

138
940
338
987

720
221
062
903

570
209
720
428
013
269

877
030
594
441

100
999
573

002
154

613
543
994

193
182
415
444
493

617
656
413
694
202
141
085

364
628
424
459

549
086
929
077
681
595

449
244
873
077
903
981



711 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 08:29:27

涙がとまんねぇ

714 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 08:46:34

しんみり回でした 別れってやつはどうもいけねえ

695 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 06:16:22

最新話見た
最初はこういうファンタジーを求めて無いんだよなとか思ったけど、見終わったら物凄く良かった
少し涙出た

769 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 16:42:33

八雲本当に死んじゃったんだな。
これでよかったような気もするし、やや消化不良な気もするし、
じゃっかんモヤモヤしてる。

724 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 10:37:29

はー、仏教の冥府観ってのは中々良いもんだな
師匠は現世で高い徳を積んで余裕綽々で極楽浄土ってわけか

673 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 03:36:01

あの世回は落語の『地獄八景亡者戯』のオマージュか
この作品は全体通して落語の演目とストーリーをリンクさせるのが凄く上手い
でもこれ落語なんて縁ない人にはまた妄想?夢落ち?現実との境はどこ?状態じゃないのかな

 702 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 07:40:51

 >>673
 >この作品は全体通して落語の演目とストーリーをリンクさせるのが凄く上手い
 前回とかちょろっと牡丹灯籠引用してたけど
 あれ知らないと意味わかんないよなw

756 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 14:42:03

煎じ薬今でいう養命酒みたいなもんか

 762 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 15:18:29

 >>756
 夜回りで酒は禁止なのを、煎じ薬だっていってごまかしてる。
 役人もそれを承知で「二番を煎じておけ(黙っててやるからお代わりよこせ)」っていったわけよ。

678 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 03:41:41

火の用心の落語が寒い深夜に見るには丁度いい話だったな
熱燗と豚の角煮が欲しくなった

663 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 03:26:01

八雲師匠安らかに… (=人=)ナムー

松田さんは頑張るなぁw

690 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 05:51:29

あの舟で現世に送り返されるんじゃなくて、本当に往生しちゃったの?
よもつへぐいしちゃったからダメなんだろうな。

あの世でも運転手させられる松田さん・・・

692 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 05:54:10

与太や小夏が三途の川渡る時にも松田さん出現しそう

703 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 07:44:29

師匠と松田さんのご冥福をお祈りいたします
でも松田さん来週も普通に出てきそうでこわい

 705 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 07:59:59

 いや松田さんは死んでないでしょあれ
 小夏や信之助と同じで、この世からお別れを言いに来ただけだと思うぞ

707 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 08:02:57

多分あれは小夏が落語に呼ばれたみたいにあれは船頭しに来ただけだよね
ただ来週時代が進むからさすがに生きてはいないかもってことで
あの時点でまだ生きていたとしたら来週は90歳以上?

719 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 09:37:22

神回だったけど小夏が出てきた時だけビビった
小夏まで死んじゃったのかと思ったわw


045

709 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 08:12:29

今回の話は八雲が今際の際に見た夢みたいなものだからね
一番師匠を慕ってた与太郎が出てこなかったのはちょっと可哀想だけど
彼の人生の中での位置づけはそういうものなんだろう

 738 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 12:10:05

 >>709
 八雲にとっての少なからず心残りのある相手が出てきたのかと
 ずっと面倒見てもらったのに先に自分が死んじゃうことになった最後の松田さんも含めて
 与太郎に関しては安心してるんじゃないのか

699 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 06:43:18

正直、先週の縁側での死ぬ死ぬ演出と今週はいらなかったね。
くどすぎる。あまりにもくどい。
全然粋じゃないね。

 700 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 07:13:47

 おれは好きだけど。いい幕引きだった
 と思ったら来週もあるの? それはいらないね

 720 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 10:10:26

 いかにも落語的で俺もいいと思と思った
 助六夫婦も仲良さそうで、八雲が笑って旅立てるのは良い
 雨竹亭が消失しての「二番煎じ」、信之助の為に晩年の姿で「寿限無」ってのもいい

737 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 12:09:56

八雲があそこでかけるのが寿限無ってのがいい
「自分のために落語をやる」って言ってた人が
信坊を喜ばせるために落語してるのかって感慨深かった

でも喜ばせようってだけじゃなくて、
「寿に限り無し」とか名付けちゃう、ほかにもいい言葉をありったけ詰め込んじゃう、
そういう子供をいとおしむ気持ちとシンクロして
「この噺をしたい」って心から思ったのもあるんだろうなー

671 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 03:35:10

八雲師匠が舞台上がる時にマンガ風に白黒でコマ割りするとこよかったな

 677 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 03:41:40

 >>671
 あの表現は良かったな
 グッと引き込まれたわ

734 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 11:59:06

いいあの世?だったな
みよ吉雰囲気柔らかくなって恨みや色やらなくなっててほっとしたわ

716 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 08:59:15

みよ吉が落語聞きたい、だと?
ってところで本当の再会じゃないんだなって思った

 766 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 15:54:03

 >>716
 それ思った
 菊さんはみよ吉が落語を嫌がっていた事、直接は知らないかも

777 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 17:11:55

生前のみよ吉は菊比古に謝罪された時、自分と助六の事を
「あなたのせいで人生が狂った人間同士」とか言ってたのに
死んでしまうと、こうも変わるのか。

 778 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 17:16:40

 あの世には惚れた腫れたもない
 女を辞めた
 これが死後のみよ吉だから生前と違って当たり前さ

772 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 16:52:32

あの世の遊郭で助六が「あの姉ちゃん花魁じゃないか!?こっちを見てるぞ!」って言ったとき
菊さんも「どのしとだい///」ってまんざらでもなさそうでわろたw
みよ吉に菊さんの顔が好きだったのって言われたときもちょっと残念そうだったし、
このスレとかでもやたら聖人扱いされてるけと菊さんが普通に男な部分を見せるとこ好きだな


166
889

 784 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 17:51:48

 >>772
 そこの菊さん頬染めてておかしかったけどw
 しがらみのないお気楽な二人に戻ったみたいでほろっとした

773 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 16:54:45

死んでみんな吹っ切れた所あるかもな
みよ吉が落語聞きたいってのも死んで気楽になった部分から来てる可能性もあるんじゃないかな
死んだら嫌いな物も案外どうでもよく思えるかもな

735 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 12:06:28

ただの死ぬ間際の夢かも知れないあれに突っ込むのも野暮かも知れんが
助六とみよ吉はあの境の場所に30年ぐらいいるのかよw
いくら金ないって言っても30年あればさすがに貯まるやろw
あの場所にずっととどまり続けれるならみんな居続けるわなw

 739 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 12:11:24

 >>735
 生前、碌な夫婦やってなかったから、あそこで思う存分夫婦やってるんだよ

 740 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 12:14:50

 >>735
 1日であっという間に春から冬になってたし、あの二人の体感ではあそこ来て1カ月くらいな感じなのかも

 741 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 12:17:09

 八雲の悔いが強くて助六夫婦はあそこに残ってたのかと
 舟のところでおかげで俺も成仏できるって言ってたし

747 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 12:55:55

助六の赤目も死神のせい、みよ吉も角が取れてたし、生前のギスついたものは無かった
三人とも魂が救われてるように見えた

路銀を貯めるって建前制度の目的はもしかしたら川を渡る前に魂を洗う猶予なのかな?
 748 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 13:07:04

 >>747
 なるほど、だから天寿を全うした人は路銀支給なのは未練無いだろうという判断なのかな?

763 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 15:25:31

今は亡き名人が集う寄席で先代八雲と初代助六が出てくるんだと思ったのに、川渡っちゃってたか。


643
156

 767 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 15:57:52

 >>763
 円朝師匠や小さん師匠は成仏できてないんだ
 どんだけ業が深いんだよw

715 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 08:49:07

しみじみとイイハナシだったな
来週ぼっちゃんがどんな大人になってるか楽しみ


065
792

694 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 06:04:23

信ちゃんとかどうでもいいんだよなぁ
成長した姿とか興味ないわ
何かもうどうしてこうつまんなくなったんだろ

 729 :風の谷の名無しさん:p2017/03/18(土) 11:48:13

 >>694
 師匠が落語心中出来ず残したものの行く末の話でもある
 別に気に入らないなら次回見なくてもいいけど
 落語と銘打ってる以上落語自体について
 描く必要がある最終回だと自分は思うよ

742 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 12:27:08

嗚咽止まらないくらい感動してここ覗いたらがっかりしてる人たちが多少いて驚いた
みよ吉家族が仲むつまじく落語聞いてるとか感極まったんだけど…
まあ感想は人それぞれか

 743 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 12:28:15

 >>742
 俺も良かったと思うよ
 なんか救われた気分だった

 744 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 12:31:48

 同じく
 救われたというか安堵したわ
 あの世だけど最期に楽しい落語ができてよかった
 ただあの幸せそうな師匠、与太に見せてやりたかったなあ…

757 :風の谷の名無しさん:2017/03/18(土) 14:49:10

最終回は後日談みたいなものだな
物語的にはここで終わり、与太の話が出なかったのもあくまで主人公は八雲って事だろう
八雲はこの為に生きてきて与太は八雲の気まぐれの産物みたいなものだからね
最終回では与太の話メインにやるだろうしほんと上手く作ってるわ