509





626
015
647

637
531
402
493
726
723
291

344
082
358

626
238
281
866
561

535
676
781

132
478
095
504
915

944
058
827

938
232
657
687

094
078
552

761
060
694
394
346

121
409
659
059
438

278
602
119
719
117



956 :風の谷の名無しさん:2017/03/07(火) 02:44:30

面白かった
漫画版だと先生と戦ったけどアニメ(原作)だと「こういう人がいたんだよ」ってエピソードだったんだな

970 :風の谷の名無しさん:2017/03/07(火) 08:14:02

10両盗めば首が飛ぶ時代に、新入りで50両アリエナイ。
あのセンセイならもっとのはず、いずれ刑死にされるんだろう。
実線で鍛えてるからこその強さなんだろうな。
鉄さんの反面教師だったというところか。


443

968 :風の谷の名無しさん:2017/03/07(火) 08:00:47

罪を犯した人の言葉をそのまま息子に伝えてた
悪いことをした人をなにもかも全否定してしまいがちだけど
一線を越えた先って誰にもどこにでもあるもんなんだろうな

975 :風の谷の名無しさん:2017/03/07(火) 11:09:10

泣いたわ。松岡先生は盗賊だけど平蔵の心配はする謂わば反面教師だな。
先生と盗人酒場のオヤジ激似だろ


092
776

947 :風の谷の名無しさん:2017/03/07(火) 02:30:29

「であえぃ!であえぃ!」「であうな、であうな」というやりとりを生まれて初めて聞いた。

948 :風の谷の名無しさん:2017/03/07(火) 02:32:20

干上がっちゃったかぁ、本妻


680

958 :風の谷の名無しさん:2017/03/07(火) 02:50:34

正妻のババア怖い

959 :風の谷の名無しさん:2017/03/07(火) 03:17:16

父の死後、平蔵が跡目を継いだってことは、あのイトコはどうなったんだろう?


396

964 :風の谷の名無しさん:2017/03/07(火) 06:24:43

家督奪われそうなんだけど後日談あるのか?
松岡先生が、継母を殺してくれるのかと考えてしまい、

 978 :風の谷の名無しさん:2017/03/07(火) 12:02:14

 >>964
 >松岡先生が、継母を殺してくれるのかと考えてしまい

 原作ではあるエピソードで継母のイジメに堪忍袋の切れた銕三郎が密かに継母を殺害し
 自分は長谷川家を継がずに自分の知り合いを養子に迎えるつもりだった……
 のだがソイツに自分の狙いを見抜かれて実行されずに終わるという話がある

 あとアニメではカットされていたけれど原作の「血闘」では銕三郎と仲良くなり
 お互いの身の上を語り合ったおまさの父の盗賊の鶴の忠助が
 「銕つぁんのかたき討ちだ」と言って長谷川の屋敷に忍び込んで継母の髪を
 バッサリと切ってしまい大恥をかかせ二人の親密度はさらに増したというエピソードもある

967 :風の谷の名無しさん:2017/03/07(火) 07:31:33

鬼平は妾の子だったのか

それは良いとして、親父さんの家督は鬼平が継いだの?
今の鬼平屋敷と鬼平の親父さんと本妻義母がいた屋敷は同じ?
今の地位は鬼平が家を出自分で裸一貫から勝ち得たの?

 972 :風の谷の名無しさん:2017/03/07(火) 08:20:27

 >>967
 あの時代裸一貫で出世なんてまずない。
 旗本という家柄があったうえに郵趣だから出世した。

969 :風の谷の名無しさん:2017/03/07(火) 08:09:50

平蔵の親父さんからして複雑ななんだよな
継ぎたくもない家督を継ぐために実の姪を嫁にしてる
(この時点で豪農の娘と一緒になっていて平蔵が生まれてる)
親父の嫁は世継ぎを作ろうとハッスルするがかえって夫の顰蹙を買う
結局女の子しか生まれず、ここで親父が嫁を黙らせ平蔵に家督を継がせ江戸城で正式に手続き

961 :風の谷の名無しさん:2017/03/07(火) 06:15:08

なんで平蔵の親父は鬼ババアみたいな奥さんに何も言えないの?養子?
ああいう場面だと継母よりもふがいない態度の父親に愛想つかしそうだけど

 974 :風の谷の名無しさん:2017/03/07(火) 09:48:33

 >>961
 原作「本所・桜屋敷」の平蔵の生い立ちのところから

 平蔵の父・宣雄は三男坊、長谷川家は長兄がつぎ、次兄は養子へ、宣雄は養子の口がかからず長兄の世話になる。
 長兄が亡くなりその子の修理(しゅり)が当主となってからも、宣雄は厄介者であった。
 それで下女のお園に手を出し、お園のお腹にやどったのが、平蔵。

 そこで「こうなっては仕方あるまい。わしはお園と共に巣鴨へ移る」とお園の親元へ移ったものの、長谷川家の当主、修理が病気が重く、子がないために妹の波津を養女にして「波津に叔父上を…」と言い残し亡くなる。
 というわけで、宣雄は自分の姪にあたる波津と結婚し、長谷川家を継ぐことになった。

 だから、修理の遺言を守りたくて、「出ていけ」と言えなかったのじゃないかしら?
 宣雄は温厚な性格だったとも書かれているし。

971 :風の谷の名無しさん:2017/03/07(火) 08:18:31

しかしさぁ、肴にしちゃ貧乏臭いけど、
ただのお新香が美味そうだこと。
茶漬けにしたいなぁ。


094

 973 :風の谷の名無しさん:2017/03/07(火) 08:54:04

 >>971
 徒然草だったか、執権(後になったんだっけかな?)の北条ナントカが
 台所に残ってた味噌を肴に酒を飲んだという話があったけどね。